フェルト(不織布)プランターでおしゃれに!子どもと野菜を育てる!

2021年9月18日

Shironeco(嫁)
Shironeco(嫁)
みなさん、こんにちは!今日は野菜を育てていきますよ〜

野菜嫌いの子どもたちに野菜を楽しく食べてもらう

こんにちは、みなさん野菜って好きですか?
我が家の子どもたちの好き嫌いの多いこと多いこと…
特に野菜が全然ダメ!トマトやピーマン、子どもが苦手とする野菜はほぼ苦手です。

広告
Shironeco(嫁)
Shironeco(嫁)
「自分で育てて作った野菜は食べる」って聞いたわ〜

半信半疑、むしろほぼ疑ってかかってますが、食べたらラッキー食べなかったら私が食べよう…くらいの気持ちでやってみることにしました。

Shironeco(嫁)
Shironeco(嫁)
私も子どもの頃は苦手だったんです、野菜

 

どこで育てる?何を育てる?

 

庭に畑を作るorプランター

まずは育てる場所から。
庭を耕して畑にするか、プランターで作るか。
メリット・デメリットはどんなことがあるかというと、

畑で作る

 

メリット
  • 大きく育つので多くの収穫が見込める
  • 地面に植えるので水切れがしにくい
デメリット
  • 畑分のスペースを耕す必要がある
  • 大きく育つのでスペースがないとできない
  • そもそも庭がないと作れない

プランターで作る

 

メリット
  • 品種を選べば省スペースで作ることができる
  • 庭がなくてもできる(ベランダなど日が当たる場所ならどこにでも置ける)
デメリット
  • 根が深く張れない(プランターの深さ・広さまでしか張れない)ので大きく育たない=収穫数が少ない
  • 水やりを忘れると枯れやすい

 

我が家は畑を作る気力も体力もないためプランターで作ることにしました。
といってもホームセンターに売っているいかにも”野菜作ってます”という
プラスチック製のプランター…おしゃれじゃないからやだな…
ということで探しに探して見つけたおしゃれプランター

Root Pouch!!!

出典:http://www.walnutco.jp/brand/rootpouch/


Shironeco(嫁)
Shironeco(嫁)
か、かわいいー!!!

このRoot Pouch、フェルトでできているのですが、普通のプランターは根腐れ(水のあげすぎで根が腐ってしまい枯れてしまうこと)防止の為、鉢底に”鉢底石”という軽石のような水はけの良いゴロゴロした石を敷いたあとその上に土を入れます。
が、フェルトの性質上、水を適度にはけさせてくれるため根腐れしにくく鉢底石もなくてOKです。

Shironeco(嫁)
Shironeco(嫁)

水をあげると側面から余分な水分がじわーっとしみでてくるの

 

 

初心者の失敗で多いのが根腐れと水枯れ。水をあげすぎると根腐れし、かといってあげなさすぎると水がなくて死んでしまうのです。

土が乾いていれば水をあげればいいけど量がよくわからずあげすぎてしまう初心者にはうってつけですよ。
見た目がおしゃれなだけじゃなく機能も申し分ないです!

さて、何を植えようかな

何がいいかな〜と考えながらホームセンターへ。
種から育てる方法もありますが、時間がかかるし発芽させるのがうまくいくか不安だったので苗を植えることにしました。

ミニトマト

なんの番組だったか忘れましたが、小さなお子さん連れのお母さんがインタビューを受けていて
「うちの子たちこのミニトマトなら食べるんです」
とすごく甘いらしいミニトマトを紹介していて”甘いミニトマト”気になってたのですが、

むちゃくちゃ甘そうな苗を発見。
サントリー本気野菜 純あま
これなら子どもたちも食べるかもしれない…!!
サントリーブランドも安心なのでこれを購入。

Shironeco(嫁)
Shironeco(嫁)
”デザート感覚”期待してるよ!

ナス

ナス好きなんです。おいしいよね、焼きナス。
子どもも食べが悪いから食べれるようになるといいなー、私も食べたいからな、購入。

苗は100円くらいから売ってますが、こちらは接木苗と言っておいしい実がなる品種の苗と根がよく張って病気に強い品種の苗を接木(簡単に言えば切ってくっつけてる)してある苗です。お値段はしますが、病気に強く、よく実がなります。
カインズホームで購入。

Shironeco(嫁)
Shironeco(嫁)

あとはホームセンターで売ってる野菜用の土をプランターに入れて苗を植えるだけよ〜

 

植え方はこちらにまとめました

プランターで野菜を育てよう!トマトの植え方・育て方

 

いざ!収穫

苗を植えたのが4月ごろなのですが、6月初めにはミニトマトもナスも収穫できました。

夏野菜

手前がミニトマト(ちょっと葉っぱが黄色くなってますが)、奥がナスです。
玄関横に置いてありますが、なじんでますね。

ナス

ナスの赤ちゃん。かわいい。

ミニトマト

トマトは1個ずつ赤くなっていくんですね~。

毎日子どもたちが水をやってくれました。

できたトマトをブチブチ収穫

野菜 収穫

サイズはまぁまぁ、上出来です!

自分で収穫するって楽しい!!

コユキ(姉)はミニトマトをその場で洗ってパクっ!!
え?食べれるの?すごい!!
ユキタ(弟)は食べませんでしたが…収穫するのが楽しかったらしく、まだ緑のミニトマトをブチブチちぎっておりました。

Shironeco(嫁)
Shironeco(嫁)
ちょっと!まだ取っちゃダメ!!

 

私も食べてみましたが、ミニトマトはほんのり甘くて食べやすかったです。
(完熟させると青臭さが抜けて甘くなるそうです!)

ナスは普通のナス。スーパーで買ってきたのとかわらずナス。可もなく不可もなく、ただおいしいナス。

自分で作った野菜はおいしい!!

野菜嫌いの子どもたちが自分たちで育てた野菜を食べるのか?
ということでしたが、結果は半分成功!!
コユキはあれからまだ苦手そうではありますが、自分で採ってきたミニトマトはパクパク食べております。まじか。
ユキタはあいかわらず食べませんが、これからの成長に期待!!

野菜嫌いの子を持つお母さん、お父さん。
プランターで家庭菜園、挑戦してみてはいかがでしょうか?
もしかしてもしかするとパクっと食べてくれるかも?